第62回珍寺珍スポッドキャスト お盆と言えば・・二大フェスin九州

今年もお盆が終わりました。

全国様々な盆行事がありますが、その中でも最高にファンキーなのが長崎の精霊流し。
さだまさしの歌う精霊流しは悲しく切ない歌ですが、実際にはとんでもなくデンジャラスな祭りでした。
墓ではロケット花火が飛び交い、街中では精霊船を曳く人たちが大量の爆竹をまき散らす。
まるで内戦状態のような恐ろしい盆行事でした。

一方、長崎の精霊流しと並んで九州二大盆行事と称される大分県宇佐市の長洲の精霊送りもファンキーさでは引けを取りません。

五重塔や法隆寺夢殿や日光東照宮陽明門などのド派手な建物のミニチュアが並ぶ御殿灯籠と呼ばれる祭壇が街中を練り歩きます。
それらの御殿灯籠は墓地に運ばれ、最後はバッキバキに壊され燃やされてしまいます。
長崎と長洲、いずれも死者供養としては相当アグレッシブな行事と言わざるをえません。



syourouokuri02.jpg

syourouokuri20.jpg

syourouokuri24.jpg

グレープ 精霊流し

この記事へのコメント

スポンサードリンク